購入住宅と分譲住宅の違いを知ろう|マイホームの選び方

分譲は人気商品

模型を持つ人

買いやすく使いやすい

一般的に住宅を建築するとき千葉にある注文住宅メーカーに依頼して作ってもらいます。建築してみないと金額がどれくらいになるのかわからないところがあるので買いにくいとも言えるでしょう。また建築まで多少の時間がかかってしまうところもネックと言えるのです。千葉では普通も注文住宅と違い、分譲住宅と呼ばれるものも販売されています。これは予め建築された状態で販売されている商品で、普通の注文住宅よりも安価な金額で購入できるのがメリットです。なぜ安く買えるのかというと分譲住宅を作っているメーカーがまとめて区画を購入します。買い付けた区画は分割してから分譲住宅を一気に建築しているのです。その時使用する資材もまとめて発注しているため、1棟あたりの金額がかなり安くなります。一気に建築すると人件費も大幅に削減できるため工事費用が少なくて済むのです。こういう理由があって千葉県の注文住宅は人気の商品となっています。間取りや設備は既に決まった状態で売られているので、特にこだわりがない人におすすめです。住宅を購入する時に一括で購入できる人はほとんどいません。大体銀行から住宅ローンを融資してもらい購入しますが、年収や借入金額により融資が難しくなる場合があるのです。実際に建築してみないとわからないのが注文住宅の金額なので、これは仕方ないといえるでしょう。既に決まった金額で売られている千葉の分譲住宅は比較的融資を受けやすいので人気です。