購入住宅と分譲住宅の違いを知ろう|マイホームの選び方

購入しやすい地域

首都圏において千葉県は、平地が広がる西側や湾岸エリアを中心に、分譲住宅や分譲賃貸マンションの人気が高いです。また千葉の内陸部では、低層型の分譲賃貸マンションも数多くあります。首都圏の他の県と比べても、物価が1割〜2割程度安いので、経済的観点からも魅力のある地域です。

重視するポイント

室内

千葉県内には様々な分譲住宅が販売されています。一戸建て住宅や集合住宅など、何を重要視するかによって、購入する分譲住宅が変わってきます。選択肢が非常に多い千葉県ですから、好みやライフスタイルに合わせて好きな分譲住宅を購入しましょう。

分譲は人気商品

模型を持つ人

建築するのに膨大な金額と時間が必要な注文住宅がありますが、もっと簡単に購入したいときは千葉の分譲住宅がおすすめです。作られた状態で売っているもので、金額も安価なので人気となっています。また銀行融資も受けやすい部分も好評です。

購入費用を抑えられる

一軒家

立地まで選べる可能性も

千葉県のような人口の多い地域でマイホームを作るなら注文住宅より分譲住宅の方が適当です。まず両者の違いですが、注文住宅は土地選びから設計図の作成まで家づくりのすべての工程に自分の意向を反映させるスタイルであるのに対し、分譲住宅はすでに完成している一戸建てから自分が住みたいと思うものを購入します。まったく正反対とも言える注文住宅と分譲住宅の双方に良い面があるのですが、コストの部分を考慮すると圧倒的に分譲住宅の方が優れています。場合によっては倍以上の差が付くことも珍しくありません。低価格であることの最大の利点は重い腰を上げやすくなるところで、手元にある貯蓄だけでも十分に購入できるため若くして千葉県にマイホームを持つことも可能です。自分たちだけの空間を作れれば趣味などにも熱中しやすくなりますし、そういった余暇活動を通してストレスを発散できれば仕事の生産性の向上にもつながります。また、分譲住宅がどれくらい売られているのかはハウスメーカーのさじ加減ひとつなわけですが、千葉県は人の出入りが激しい地域で住まいに対する需要が大きく、その点に関してはほとんど心配いりません。それこそ、千葉県の至るところに分譲住宅が見られますから注文住宅の強みである『立地を選べる』という部分を享受できる可能性すらあります。マイホームの購入は大きな買い物だけに絶対に失敗したくないのが普通ですが、分譲住宅なら自分の目で確認してから買える分だけ安心だと言えます。